スキニー ジーンズ

スキニージーンズを素敵に着こなす海外セレブたち

スキニージーンズブームの仕掛け人とも言われるケイト・モスは、黒スキニーにレオパード柄のファーを合わせていました。足元は、黒エナメルのローヒール。バッグは、シャネルのエナメルバッグでリッチなスキニージーンズのコーディネートですね。小柄なセレブの代表、ニコール・リッチーは、よくスキニージーンズの裾をくしゅっとさせてはいています。着こなし方は、ビッグなトップスとスキニージーンズのコーディネートで、縦ラインが強調されてすらっとして見えます。
オルセンは、ビッグTとビッグパーカーで、スキニージーンズをストリートっぽくコーディネートしていました。パリコレのスナップなどを見ると、スキニージーンズとレーシーなブラウスと着こなしたり、ゴールドのトップスやパフィジャケットと着こなすなど、エレガントなコーディネートが見られます。スキニージーンズは、エレガントなトップスや、カジュアルなストリートファッションなど様々な着こなし方ができるようです。また、スキニージーンズをレギンス代わりにワンピースと合わせる方も多いです。これは有名人でなくても真似できそうな着こなしですね。
世界的に、この冬流行っているのは、黒スキニージーンズですが、薄いグレーもいいですね。特にO脚が気になる方、ふくらはぎのはりが気になる方は、脚のラインがくっきりと出ない淡いカラーのスキニージーンズがおすすめです。しかし、この淡いカラーは有名人やモデルの方々にとっては個性を発揮できる色ですが、一般人にとってはかなりの膨張色であることをお忘れなく(笑)

スキニー ジーンズ

スキニージーンズに似合う靴は?

スキニーデニムジーンズに合わせて靴を選ぶとき、何を履いたら一番素敵に見えるのでしょうね〜。ブーツカットはそもそも靴があまり見えませんし、意外と何でも履けちゃうところがありますが、スキニーデニムジーンズは靴がポイントになりますから適当に・・・ということができませんよね。
長めのスキニーを穿いて、足首のところで裾をたるませクシュッとする穿きかたですと、ヒールの高い華奢な靴か、ウェッジソールのようなかかとのしっかりした靴が似合いますよね。より脚が長く見えること間違いなしです。
またその逆に、ニューヨークでは「素足にベコッとしたサンダル」というのも「あり」だそうです。タイトなスキニーデニムと相性抜群です。
またブーツインして一番かっこいいのは、やはりスキニーデニムジーンズかなと思います。海外有名セレブたちの着こなしを見ていると参考になりそうですね。スキニーが良く似合う外国人としてはケイト・モスが有名ですが、その着こなしは彼女ならではですね。まねしようとしても日本人では難しいのかも〜(笑)

スキニー ジーンズ

スキニージーンズの種類

スキニーデニムに使用されている素材を、大きく分けると2種類に分かれます。ひとつは、スキニーデニムの特徴である「ぴったりと肌に吸い付くようなタイト感」を出すために、ストレッチが効いている素材。そしてもうひとつは、ストレッチが効いていない、いわゆる昔からあるハードな素材です。ストレッチ素材の穿き心地は、ハード系とは比べ物にならないくらい穿着心地が良いです。でも、ストレッチ素材というのは、体型をそのまま浮かび上がらせてしまうので要注意ですよね。ジーンズが「体型の補正」をしてくれないので、お尻や太ももの形をスリムに変えてはくれません。一方、ハード系の素材は、一般的には「スタイルの良い人」が穿くように感られているようですね。確かに、生地が伸びない(伸びにくい)ので、体型(サイズ)があっていない場合には、ストレッチ素材のものと比べると、無理がきかないように感じられます。でも、お肉、特に贅肉は、ある程度「移動」してくれるので、ジーンズの形に合わせてからだのラインをメイクしてくれる「体型の補正効果」を、ハード系素材のスキニーデニムにはあります。さて、どちらを選択しますか〜?

スキニー ジーンズ

スキニーとスリムジーンズの違い

スキニーは、英語で「skinny」で「骨と皮ばかりの、やせた」という意味です。

またデニムの語源は、フランス産のセルジュ・ドゥ・ニーム(英語ではデニム)を、ゴールドラッシュにわくアメリカ西海岸でテント地としてヒットさせたリーバイ・ストラウスが、その生地をインディゴで虫除け、蛇避けを兼ねて染めたものが、ブルーデニムであり、ジーンズの発祥です。

これまでは細いタイプのジーンズは「スリムジーンズ」とよばれていましたが、スキニーはさらにそれより細いということを強調しています。

特にデザイン的には、ひざ下のデザインがぴったりフィットしている所に特徴があります。

「スリムジーンズ」と「スキニーデニム」とは見た目もそれほど変わるわけではなく、「スタイルが変わる」「商品が新しくなる」といったインパクトを消費者に与えるために新しい用語を考え出しただけである、と批判的なむきもあるらしいですね。

スキニーという言葉が商品名だと思っている人も多いかもしれませんが、そうではなくてスタイルのことを言うのですね。

スキニー ジーンズ

スキニーデニムはスリムジーンズよりまだ細い!

スリムジーンズを、さらにタイトフィットさせたのが、スキニーデニムです。

スリムデニムと言わない事からも、差別化をはかるネーミングになっています。よりシックに大人っぽいコーディネートをできるのが、スキニーデニムと言えそうです。ジーンズの語源はイタリア語で、デニムの語源はフランス語と言われています。

秋冬には、トップにオーバーサイズなものを持って、細身ブーツにインしてはくのがトレンドですね。レトロスタイルが流行しそうな今年の秋冬はロングカーディガンにスキニーデニムで決まりでしょう。スキニーデニムをはいた時に、足の付け根のあたりの気になる部分をカバーしてくれるのが、お尻もカバーするロングカーディガンです。

スキニーデニムはその細さゆえ、履く人の体型を選ぶところがありましたが、今ではふくらはぎに合わせた、丸みのあるパターンを採用し、ひざ下がピチピチにならないものなどが登場しています。きちんとしたブランドのものなら、デニムの内側の縫い方がしっかりしていて、足をより細く見せてくれます。

しかしながら、自分の体型を見直し、素敵に着こなせる努力をすることは何にしても大事なことですね!



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。